最低限必要な防災用品について

防災の基本は「衣・食・住」プラス移動手段!

おすすめリンク

携帯トイレ

災害時以外でも役に立つ携帯トイレはどういった時に使えるのか、具体的な場面をご紹介します。

普段の服装で防災に役立つ意外なモノ

ほとんどの方が日本は地震を始めとした災害大国だと知ってはいても、特に防災用品などの準備はしていない。もしくは防災用品を用意していても何年もほっぽらかしにしているのではないでしょうか?
まず必要な防災用品の話の前に、災害時に絶対にやってはいけない行動を一つご紹介します。それは「物資の買い占め」です。3.11の時も東京など直接の地震被害がほとんど無かった地域でも物資の買い占めが起こり、スーパーなどで品切れが相次いだ事を覚えていらっしゃいますか?
こうした買い占め行為は他の人の迷惑になるだけでなく、支援物資の調達にも影響が出ますので絶対にやめましょう。災害が起きてから慌てて揃えようとするからパニックになってあれもこれもと買い占めてしまうのです。
一人が買い占めを始めると他の人も買い占めを始めて集団ヒステリーとなってドンドン事態が悪化するので、巨大地震などが起きた時は災害が収まったら一度深呼吸して落ち着きを取り戻しましょう。一番重要な防災用品は「自分自身の冷静な頭」です。
では次に必要最低限の防災用品を列挙してみます。まずは「服」です、特に寒さ対策は万全にしましょう、寒いと人は一晩で命を落とします。次に「食」、特に水はしっかりと用意しましょう、水が無いと数日で人は死にます。そして「住居」です、服で寒さを凌ぐのにも限界がありますし、やはり落ち着ける場所は人が生きる上で必要不可欠です。
その上で移動手段が必要です。避難所に行くにしろ、救援物資を受け取るにしろ、移動手段が有ると無いとでは労力が大違いです。一番おすすめの移動手段は「マウンテンバイク」です。マウンテンバイクはもともと悪路走行を前提に設計されているので、地震で壊れた街を走るのに最適な上、フレームの剛性が高いので重い荷物をたくさん積んでも大丈夫です。